2019年もよろしくお願いいたします。ネイビープロジェクト 代表:田中利知

ネイビープロジェクト 代表 田中利知

あけましておめでとうございます。ネイビープロジェクト代表の田中です。2018年は大変お世話になりました。おかげさまで当社3期目を終え、4期目を迎えることができました。ありがとうございます。2019年も引き続き、ご支援・ご鞭撻を賜われると幸甚です。

本日はブログをこうして更新しておりますが、全社的な営業日は1月7日(月)からとさせていただいております。年末の間に頂戴したご相談につきましては、7日以降にお返事いたしますので、しばらくお待ちください。

ネイビープロジェクト代表_田中利知

さて、お正月らしく新年の目標をなんとなく書いてみようかと思っています。今年の目標として、まずは昨年度比110%の成長率を実現します!!(こういう目標は言い切るのが大事)。詳しい数値については公表しておりませんが、3年間微増につぐ微増の成長をしてきました。今年も右肩上がりのペースを崩さずに会社を成長させていきます!!

そのためにも、社長である私みずから露出したり、クレジット入りの仕事を大事にして、会社の知名度をあげていきます。個人事業主のような動きをしているため「田中同年代」というペンネームも併用していますが、弊社がどのようなことをできるのか・してきたのかをしっかりみなさんにご理解いただき、新たなご縁が賜われるようにしていきます。まずはHPの刷新とこのブログの更新でしょうか。末尾にあるSNSもがんばって更新していきますので、ぜひフォローしてください。

SNSマーケティングの仕事を創業時から携わって参りましたが、mixiからFacebook、Twitter、Instagram、Tik Tokとメディアもどんどん変わってきています。これからも新しいものが生まれては、廃れていくものもあるでしょう。そういった中でも、「ライター・エディター」として文章を書くスキルを私自身は磨いてきました。だからこそ、このブログや個人名義でやっているブログはもちろん、多くの場で自分の考えや気持ちを文章という形で表現していきたいなと感じています。

そして、今年の4月には改元を控えています。新しい時代の幕開けを前に、未来志向の企業として新しい価値観を常に追い求めて行きます。

株式会社ネイビープロジェクトは、新しい価値観を大切にし、
常におもしろいものを創ることを目指します。
20世紀の働き方や価値観を尊び、21世紀に適った最新の動き方を心がけつつ、
22世紀以降にも役立って愛される企業を目指します。

上は創業時に私の掲げた経営理念ですが、2019年もこの初心に帰りながら新しい時代の幕開けを迎えたいと思います。本年も何卒よろしくお願いいたします!!

——————————————————
株式会社ネイビープロジェクト Navy Project ,Inc
ホームページ: http://www.navy-p.com/
問い合わせ: http://www.navy-p.com/mailform/index.html
Facebook: https://www.facebook.com/navy.project
Twitter: https://twitter.com/navy_project
Instagram: https://www.instagram.com/navy_project_inc/
——————————————————

追求すべきは”読みやすさ”。「作文技術」に弊社はこだわる

こんにちは。ネイビープロジェクトのライター小石原です。


突然ですが、ライターのような「物書き」にとって一番大事なスキルって、何だと思いますか??
新聞記者であれば取材力?? ウェブライターであれば企画力?? あるいは、延々とパソコンのキーボードを叩き続けられる集中力?? どれも確かに大事ですが、私が一番大事だと思うのは「作文技術」です。特に弊社では、多様なニーズを持ったクライアント様からライティング業務をご依頼いただいており、それらのニーズを的確に把握しライティングに反映させるためにも、作文技術をとても重要視しています。


そこで今回は「作文技術」について、私が参考にしている書籍『中学生からの作文技術』(本多勝一著・朝日新聞出版)のメソッドをもとに、実践例をいくつかご紹介したいと思います。例文は、アイドル好きライターの私らしく、おもしろく読めるものを考えてみたのでそちらもお楽しみください。

続きを読む

“読モ=性格悪い”は偏見!? キャスティングした読モにされてうれしかった神対応4選

こんにちは。ネイビープロジェクトの田中です。

「読モ 性格悪い」。こんなキーワードが弊社ブログのGoogle Analyticsデータに浮上してきました。Instagram人気にあやかって、多くの読モやインフルエンサーが活動しています。だからこそ、こういったネガティヴな声が挙がってきてしまうのはしょうがないのかもしれません。

しかし、性格のいい読モだってたくさんいます。今回は、「”読モ=性格悪い”というのは偏見だ!!」というテーマで、私が今までされてうれしかった読モたちの神対応を紹介したいと思います。

続きを読む