こんにちは。ネイビープロジェクトのライター小石原です。

前回の記事では”キャスティングしたい48・46グループメンバー”についてコラムを書きました。そちらを読んでくださった方は、私の48・46グループへの情熱をご理解いただけたかと思います。
そんな私たちファンにとって年に一度の一大事「AKB48選抜総選挙」が、ちょうど今からおよそ1か月後の6月16日(土)、ナゴヤドームにて開催されます。記念すべき10回目ということで、海外姉妹グループのBNK48・TPE48(JKT48は宗教行事により不参加)も参加します。また昨年度は80名であった当選枠が100名に拡大され、多くのメンバーにチャンスの順番が回ってくる選抜総選挙となりそうです。

さて、様々なメディアで選抜総選挙の順位予測が行われているので、私も順位予測をしてみようと思います。とはいえ、私の独断と偏見だけで予測してしまっては面白くない。ということで今回は、SNS認知度・握手会人気・選抜実績などの客観的なデータをベースに予測をしてみようと思います。

前編となる本稿では、海外姉妹グループ含めて総勢339名の立候補メンバーの「SNS」のデータに注目し、フォロワー数などから統計学上の「偏差値」を算出して、メンバーの発信力を比較してみようと思います。

続きを読む