【キャスティング】「宣伝」は魔法の言葉

キャストのギャランティを安くしようとしてこういう発言をする人がいます。

「〇〇さんの宣伝になるから……」

過去記事「モデルのギャラを安くする」でこちらの方法について簡単に紹介しました。確かに、この切り口でディスカウントをする場合もあります。しかし、簡単に口にしてしまうと信頼関係にもヒビが入りかけない危険な言葉です。今回はこの「宣伝」という言葉についてまとめたいと思います。

▼どういう時に安くなるの?

例えば、売り出し中のキャストが名前を売るためにかなり安い金額で仕事を受けるケースは宣伝の一環と捉えてもよいでしょう。テレビや映画などで言われる「バーター」として主役級を出す代わりにチョイ役で駆け出しのキャストが出演するというのはよくある話です。特にテレビなどは出ることによって経歴も経験値も増えるので、事務所としても出したがるというのはあるでしょう。

 

また、宣伝という観点からすると、バラエティー番組や毎日やっている帯番組などに立て続けて主役級がで出演して「今日〇時から××、初回放送です」のように番宣コメントをするというのも見られた人も多いでしょう。それによってテレビなら「視聴率」、映画なら「興行収入」や「観客動員数」に影響が出ますし、何より数字が伸びればその主演などは評価されて次に繋がるというのはあります。そのためキャスティングの段階から、ある程度の宣伝活動への協力も条件に入れて交渉します。

 

その要領で、「宣伝」という言葉を使ってのギャランティのディスカウントは弊社でもたまに行う手段です。特に、直近で告知したい内容がないかをヒアリングし、それを告知する代わりにギャランティを予算内に収めてほしいといった感じです。しかし、どんな案件でもその切り口が使えるわけではありません。

pak85_laladentakuol20140321_tp_v

▼「競合」という言葉でキャストは守られている

以前にあった案件で、大手家電メーカーが自社の流通インフラを使って通販サービスを開始するにあたり、タレントのオリジナルグッズを販売したいという相談を受けたことがあります。例えば直筆のサイン入りだったり、ここのサービスでしか買えないなどの付加価値をつけてファンの購買意欲を書き立てようという戦略です。その中で売り出し中のアイドルの肖像などをプリントした限定グッズを販売したいという要望が出ました。その際に担当者さんが「この商品を発売することで〇〇さんの宣伝になるから…」と前置きして、この時はかなり安価な条件を提示されました。

 

確かに、大手家電メーカーの流通インフラを駆使しての販売戦略なので宣伝効果がないとは言えません。また大手家電メーカーが仕事を委託したくなるようなキャストであるということでハクもつくでしょう。

 

しかし、アイドルやタレントなどの商材は肖像でありイメージです。商品がどんなによいものであろうとキャストの肖像を利用して付加価値を付けようと考える以上は正規な金額で契約せざるをえません。また大手企業であればあるほど、1度仕事をしてしまうと、その企業のイメージがキャストについてしまって、契約が終了した後であっても同業他社からオファーが来なくなるということが大いにしてあります。それを気にして「競合」という言葉を使って、条件の整理を行いながら事務所はキャストのイメージや価値を守っているのです。

 

そのため、この場合は通常の広告契約を前提にご検討いただきました。クライアントがどう言おうと広告契約は広告契約です。困るのはキャスト当人および事務所ですので、弊社でも中立な立場から宣伝やプロモーションで出演交渉をしていいかの精査は気を使っています。

▼◯◯がいないと安くなる!?

では、どういう時に「宣伝」という言葉を使ってギャランティのディスカウントに協力するかというと、”クライアントがいない”案件になります。お金を出す人は必ずいるので厳密には言葉を選ぶ必要がありますが、例えばイベントホール主催のワンデーイベントで内容もキャストに譲歩してくれる場合はディスカウントも非常にやりやすいです。自社で企画などを全てしている会社は予算も限られており、毎月毎月イベントをやっているようなところは企画もマンネリ化してきてキャスティングに依存したイベントをすることもしばしばでしょう。

 

そういった会社でイベントの企画運営などをされている方であれば、「宣伝」という言葉を使ってギャランティを抑えられれば、内容も埋まり、予算も安くなって、まさに一石二鳥になるでしょう。しかし、そんな条件が上手く噛み合うということはほとんどありません。おそらく、この記事を読んでいただいてるアナタも違う立場で仕事をされているんではないでしょうか。

 

どんなところにも協賛企業や関係各所まどとの絡みはあり、そこの顔色を伺いながらのお仕事をされている方ばかりです。「宣伝」という言葉はギャランティを安くする魔法の言葉ですが、上手く使いこなすのは難しい言葉です。特にディスカウントをされて喜ぶ事務所やキャストはいません(例に漏れず弊社もですが…)。

 

「宣伝」という言葉。これからも使い方をしっかり考えていこうと思います。

al206_kinshi320140810213732_tp_v

【コラム】カメラへの投資はケチるな

ライターのご依頼がおかげさまで増えてきている理由に、時間が自由に使える点と並んで、カメラでの撮影ができる点があると考えています。

写真の腕を自慢するつもりは全くありませんが、いいカメラを奮発して買ったおかげで(オート機能にまかせていれば)それっぽい写真が撮影できてしまっているのかなと思います。実際撮影させていただいた写真はこんな感じです。

私が使っているのは、FUJIFILMのX-T10という機種です。上位機種のX-T1のスペックをほぼほぼ受け継ぎながらも、コンパクトでスタイリッシュになったモデルです。

僕にとっては初めての一眼カメラであり、正直に言って、何を買えばいいのかよく分かっていませんでした。以前通っていたライター講座の有志でカメラの勉強会をすることになり、何かの縁だなと思って始めたのがきっかけです。この年になって新しく趣味が増えるのは悪いことではないなと思いました。

カメラ屋に勤める知り合いに相談してカメラを選ぶことから始めました。予算はもちろん、仕事用で使いたかったので人を撮る予定であることを意識しました。中でも、最も重視したのは”パッと見のカッコよさ”です。

パッと見がカッコよければいい写真が撮れるわけではないというのは分かっていました。そんなことなら安いカメラもカッコいいデザインにして販売するでしょう。この時、私が大切にしたかったのは、撮られる側に立つ人のテンションです。

芸能プロダクションに勤めていた時、仕事でムービーのカメラマンをすることがありました。社内・外でのイベントに行ってカメラを回したり、会議室で告知用のムービーを撮ったり。小学校の頃に放送委員会で家庭用のハンディーカメラを使った程度の経験しかなかった私に、カメラや動画編集の基礎を丁寧に教えてくださった先輩がいました。その先輩に言われたことで今でも大切にしている言葉があります。

「機材はオーバーなくらいがちょうどいい。撮られる側は、機材を見たら手抜きかどうか分かる」

特に、芸能人はカメラを向けられることに慣れています。カメラの機種に詳しい人だって多いです。小さなカメラで何の準備もせずにいけば、恥をかくのはコチラです。

それに加えて芸能人は忙しい。全ての仕事に100%で取り組んでくれることは期待してはいけません。そんな中で同様に粗末な機材を向けて、テンションをあげろというのは気持ちがない仕事だなと私は思います。

─「自分の気分が良くなること」じゃなくて、「モデルの気分が良くなること」を考えなくちゃ。─

『おんなの撮り方』(小学館)の中でプロカメラの渡辺達生さんは度々この言葉を繰り返します。モデルが海で遊びたいと言えば一緒に海で遊び、こうやって撮ってほしいという提案は必ず採用したそうです。芸能プロダクションにいたときに渡辺達生さんの現場にも同席させていただきましたが、大きなスタジオに響き渡る声を出してモデルを笑わせている渡辺さんの姿が目から離れません。

私は、カメラマンとしての腕を研いてその道を極める予定はありません。しかし、カメラを人に向ける以上は、向ける側の礼儀を弁えていきたいなと思います。

ネイビープロジェクト
田中利知

株式会社ネイビープロジェクト 〜仕事に「あい」を〜
ホームページ: http://www.navy-p.com/
問い合わせ: http://www.navy-p.com/mailform/index.html
Twitter: https://twitter.com/navy_project

—-[info]—————————————————————

*プロモーションを意識したキャスティングサービス「プロモキャスト」*

プロモーションを意識した中小企業向けキャスティングサービス「プロモキャスト」

地方で頑張る中小企業や、さらなる飛躍を狙うベンチャー企業の方のためのサイトです!!

————————————————————————

【キャスティング】インフルエンサーの活用は金の無駄!?

「◯◯社から新しい洗剤をいただいたので使ってみました!!」

こんな投稿がSNSでされているのを見たことありませんか?InstagramやTwitterなどのSNSマーケティングも盛んになり、フォロワーが多い人のチャネルを利用しようとするプロモーションも増えています。商品を渡して自撮り写真を投稿してもらったり、展示会に呼んで企業ロゴと一緒に写真を撮って投稿してもらったり。比較的安く起用できるインフルエンサーですが、やるだけで効果がないってことも……

今回は、インフルエンサーのギャランティついてまとめたいと思います。

▼「インフルエンサー」とは
SNSのフォロワーが数万人以上いて、SNS投稿によるプロモーション効果が期待できるキャストを指します。
少しブームが落ち着いたようにも見えますが「ユーチューバー」のみなさんや「与沢翼」さんたちも広義ではインフルエンサーとカテゴライズしてもいいでしょう。


インフルエンサーの役割は、企業の商品やサービスについてを個人のブログやTwitterやInstagramで紹介することです。ペニーオークションで使ってもいないのにあたかも使っているような言い回しで多くの芸能人がサービスを紹介しているのがバレて問題になりましたね。あの頃から「ステマ(ステルスマーケティング)」への取り締まりが厳しくなり、インフルエンサーの仕事も考えながらやる必要が出てきました。

152edb31c67065165cf71daf9257fdc6_s

▼実際いくらなの?
みなさんが知りたいこのストレートな質問ですが、これには「内容とキャストによって変わるから一概には答えられない」というストレートな答えしかお返しできないことは予めご了承下さい。

ただ、俳優やモデルなどと異なり、インフルエンサーのギャランティには尺度があります。それは「フォロワー」です。依頼主で、インフルエンサーにものすごい詳しくてこだわりがある人は意外に少ないのではないでしょうか。むしろ、興味があるのは”数字”。フォロワーや読者は何人なのか、投稿へのインプレッションはどれくらいなのか、ファボやリツイートはどれくらい獲得できるのか。webマーケティングの特性が効果を数字として可視化できる点があり、広告代理店やPR会社の人はこの当たりの数字が大好きです。

だからこそ、キャスティング会社も数字を尺度に考えるのですが、インプレッションやファボの数はやってみないと分からないので保証の使用がありません。成功報酬で、「インプレッション・PV×〇円」のような契約をされる場合もよく聞きますが、バズりすぎて予算が追いつかずモメたというオチが大いにしてついてきます。

「フォロワー×〇円」であれば計算もしやすいですし、稼働前に契約金額をフィックスすることもできます。拘束時間が長かったり、投稿の数が多かったり、他の要因でプラスαがかかることもありますのでそこはキャスティング会社と相談してください。

「〇円」の相場も、会社によって様々ですが、私の個人的な経験から言うと「1~3円」ぐらいでどこのキャスティング会社も取引をしています。もちろん、フォロワーが多い人の方が影響力と人気が高いという考え方での商売ですので、フォロワーが多い人の方が単価も上がります。あとは、”数千フォロワーの人をたくさん起用したい”というような案件に対しては、ミニマムギャランティを1人あたり15000円~20000円で設定している会社もあります。フォロワーの多い少ないに関わらず、人を動かす手間は削れないのでご了承いただいた方がいいかと思います。

▼どういう人を起用すればいいの?
「フォロワーが多いと影響力と人気が高い」と書きました。世間的な常識であり、仕事上わかりやすい尺度に基づいた考え方だとは思います。しかし、本来は逆の考え方をしなければなりません。「フォロワーが多い→影響力や人気が高い」ではなく、「影響力や人気が高い→フォロワーが多い」。この考え方でキャスティングをしないとプロモーションは上手くいきません。

悪しき習慣ですが、SNSマーケティングではデータにゲタをはかせるのが簡単に出来てしまいます。フォロワーでさえ簡単に買えてしまい、さも影響力があるかのように闊歩している一般人がいるのも事実です。そんな人に貴重なプロモーション費を支払いたくないですよね。失敗をしないためには、ファンがついている人を起用すること。これが1番だと私は考えています。制作協力をさせていただいた例をいくつかご紹介したいと思います。

●まこみな

●あの(ゆるめるモ)

●tricot

投稿を埋め込ませていただきましたが、それぞれのファボの数を見ていただければプロモーション効果があったことはお分かりいただけるのではないでしょうか。まこみなさんはmixchannelでの動画再生数No1をほこり、tricotやあのさんは音楽活動をされている方々です。これらのキャストはどういう人なのでしょうか。

答えは「固定のファンがしっかりついている方々」です。


「ファン」と「フォロワー」は違います。「フォロワー」は無料でフォローしてファボをくれるだけの人です。その人以外にも多くの人をフォローして多くの人にファボをつけます。それに対して「ファン」は、お金をかけてでもキャストを応援し、キャストのために遠くまで足を運んでくれる人です。

このファンがたくさんいるキャストに、インフルエンサーの仕事をしてもらうと数字も伸びます。その分、仕事の内容も精査され、予算交渉も一筋縄ではいきません。あとは、ファンがいる人かどうかは、フォロワーの多さだけを追いかけていてはダメで、日頃からアンテナを張りめぐらせておく必要があります。インフルエンサーをキャスティングしている会社の中には、「フォロワーの高い人=人気・影響力がある人」という考え方でビジネスをしている会社も多いので、ファンがいるかどうかまで目を光らせていないこともあります。


もしインフルエンサーを使って効果的なプロモーションをしたいとお考えであれば、アンテナを張って新しい情報を吸収しているキャスティング会社かどうかを精査された方がよいでしょう。

株式会社ネイビープロジェクト 〜仕事に「あい」を〜
ホームページ: http://www.navy-p.com/
問い合わせ: http://www.navy-p.com/mailform/index.html
Twitter: https://twitter.com/navy_project

—-[info]—————————————————————

*プロモーションを意識したキャスティングサービス「プロモキャスト」*

プロモーションを意識した中小企業向けキャスティングサービス「プロモキャスト」

地方で頑張る中小企業や、さらなる飛躍を狙うベンチャー企業の方のためのサイトです!!

————————————————————————