マツコ会議で特集!「週末モデル」をキャスティングするメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「週末モデル」という言葉をご存知でしょうか? 元々、ファッション雑誌のスナップや美容室に置いてあるヘアカタログの被写体を務めていた「読者モデル(読モ)」と呼ばれる人たちはいましたが、そのなかでも別に本業を持ちながら週末などの限られた時間だけ被写体活動をしている人のことを指す言葉です。

2019年5月18日に放送された『マツコ会議』でも特集されて検索をされた人もいるでしょう。今回は、そんな「週末モデル」を起用する上でのポイントなどをまとめたいと思います。

副業全盛時代だからこそ週末モデルが増えている

なぜ週末モデルが今増えているのでしょうか。例えば下の3つの理由が挙げられるでしょう。

●副業としてお金を稼ぎたい

週末モデルの多くは、学生時代などに前出のような簡易的な被写体の仕事を受けた経験をもっています。たとえば大学のミスコンの受賞者などには、アルバイトと同じような感覚で取り組める撮影の依頼がSNSなどを通じてたくさんきます。卒業・就職を機にそういった活動を辞める人もいますが、副業が可能な企業も増えたので、空いた時間を有効活用してお金を稼ぎたいという理由で活動している人がいるのです。

●撮影される・露出するのが好き

収益云々の前に、撮影をされるのがそもそも好きな人やマス媒体に出て多くの人に見られたいと考える人もいるでしょう。コスプレを趣味で楽しんでいる人がカメラマンに個別で撮影を依頼していたりコミックマーケット(コミケ)で撮影を受けていたりするのをイメージしていただくと分かりますが、アートとしての自分を撮影・露出してもらいたいという理由もあるのです。

●自己実現・PR活動のために

よりビジネス的な目的として、自身の宣伝活動として撮影を請け負い、本業につなげたいという人もいます。化粧品やアパレルなどを自分でプロデュースしている人がいますが、そういった方はマス媒体に出て知名度をあげることで商品の宣伝につなげたいと考えている面もあるのです。さらに、専門知識を発信することで、被写体としてだけではなく、専門家としてのブランディングもしたいと思われている方もいるかもしれません。

本業があるからこそ!週末モデルをキャスティングするメリット


あらゆる目的で活動をしている人がいるのは説明しましたが、週末モデルを起用する私たち企業にとってのメリットとはどういった点になるのでしょうか。例えば下の3点などが挙げられるでしょう。

●リアリティが出せる

『マツコ会議』のなかでは栄養士をしながら週末モデルをしている人が登場しましたが、本業の人をキャスティングすることでリアリティが演出できます。栄養士の方も多種多様ではありますが、ファンションショーでランウェイを歩くモデルのように八頭身で鼻筋が通った……という人はおそらく稀でしょう。「手足が長く小顔なモデルより、自分の体型に近いインフルエンサーの方が参考になる」といった価値観の女性も増えるなか、ポージングなども作り込み過ぎず、見る側の抵抗も減らせる自然体が表現できるのは大きいでしょう。

●本業ならではの話が聞ける

被写体の仕事と言っても、単純な写真撮影だけではないでしょう。たとえばHPのビジュアルとして起用された場合は、ライターなどがコピーを考えているわけですが、本職としての意見をヒアリング協力できるという点もメリットでしょう。インターネットなどの情報のせいで、制作側の勝手な想像が膨らんでしまっているかもしれません。そういった情報の精査にも協力してもらうこともできます。

●衣装や小道具の持参を相談できる

撮影などのときに苦労するのが衣装や小道具の手配です。限られた予算のなかで、全部を潤沢に用意するのは難しいかもしれません。そんなときに、私物の作業着や仕事道具などを持参してくださいと相談することもできます。忘れてしまったり、撮影中に壊れてしまう場合も想定して週末モデルの負担にならないように十分な配慮が必要ですが、気遣いを忘れずに相談してみるのもよいでしょう。

キャスティングするときは服務規程や源泉徴収に注意

メリットを読んでいただいて、週末モデルをキャスティングしてみようと思われたみなさん、焦りは禁物です。事務所に所属しているようなモデルと違って週末モデルを起用するならばたとえば下の点には注意を払いましょう。

●本業の服務規程違反に当たらないか

ビジネス的なポイントですが、本業との関係でNGが出ないかを注意しましょう。たとえば化粧品メーカーに勤務している週末モデルに違うメーカーの化粧品の撮影をお願いしてしまったとしたら、どうでしょう!? 他社メーカーの社員を企業の顔として起用してしまっているのはもちろん、他社に制作や宣伝の情報が渡ってしまうことになるのです。他にも、シンプルに副業が禁止されている企業の社員であれば、撮影を終わったあとに実は出てはダメだったとなる可能性も多いにあります。事前に契約書を交わすなどの基本をしっかり遵守しておきましょう。

●源泉徴収の対象にあたる

また税務的な処理にも注意が必要です。週末モデルの活動によるギャランティは、「芸能人の役務の提供を内容とする事業を行う個人の報酬・料金」にあたり、「源泉徴収」の対象になる可能性があります。
そのため支払先の口座が個人名義でのものになる場合は、支払い額の金額に消費税を加算するだけでなく、源泉税(10%)と復興特別所得税(0.21%/2037年12月31日までの間に生ずる所得が対象)の分を減額して支払いを行う必要がまずあります。そのあと、銀行などを通じて預かった源泉税を税務署に納付、年末には週末モデルへの支払調書の送付、期末には税務署への申告といった処理が必要に応じて発生します。
自社でキャスティングをされてこういった処理が漏れていた場合は、週末モデルではなく、依頼主の責任として税務署などから注意を受ける場合があります。源泉税の申告責任が、払われる側ではなく、払う側に課せられるためです。詳しくは国税庁のHPなどを参考にしてください。

週末モデルのキャスティングは丁寧な確認工程がマスト!

「週末モデル」についてまとめましたが、メリットがある反面、注意点があることもご理解いただけたのではないでしょうか。あらゆる目的をもって活動している週末モデルが、よい企業・よい案件とマッチングしてより活躍できる時代を作るお手伝いができればいいなと弊社では考えております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

また最後に書きましたが、特に企業にお勤めの週末モデルの方と仕事をする場合は就労規則や業務内容についてもしっかり確認するようにしましょう。せっかく時間とお金をかけた制作物が水の泡になってしまう危険性も多いにあります。今後ますます増えてくる週末モデルを起用する際にはぜひ丁寧な確認工程を心がけていきましょう。

お問い合わせ

当Blogは株式会社ネイビープロジェクトが運用しております。

【登録モデル募集】
撮影のご相談ができる方を常に募集しております。
フリーの方や読モの方も大歓迎です。
案件ごとにその都度ご案内になりますが、
ご興味のある方は下記のリンクからお問い合わせください。
https://goo.gl/gNnCxx

【弊社Twitterアカウントをご登録ください】
https://twitter.com/navy_project

【弊社ホームページ】
http://www.navy-p.com/

キャスティング、当ブログに関する問い合わせは、下記のボタンからお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA