世界選抜総選挙目前! 48グループのSNS発信力を、「偏差値」を使って比べてみた【後編】

  • LINEで送る

SNSフォロワー数等の偏差値から算出した世界選抜総選挙予想トップ16


さて、SNSフォロワーに始まり握手会人気、アピールコメント動画視聴数、そしてSHOWROOMイベントでのポイント数に至るまで多様なデータから偏差値を算出して検証してきました。
最後に、これらの偏差値を元に、世界選抜総選挙トップ16のメンバーを予想してみます。
これまでにご紹介してきたSNSフォロワー数等の偏差値の「平均値」を算出し、平均値が高いメンバーから順から並べてみます。


インスタグラムのフォロワー数とアピール動画の視聴回数が圧倒的なBNK48勢が上位を占めていますね。ですが、握手会への参加もない点、SNSのアカウントも少ない点、CD購入手順も国内と比べると難しい点などを考慮すると、上位に入っているBNK48のメンバーを単純に入れてしまうのは乱暴な予測なのかなと個人的には感じています。前例や数字がなさすぎるがゆえに、全く結果が予測できない。ただ逆に言うと、ダークホース的な役割で今回の選抜総選挙を盛り上げてくれるのではという期待が生まれています。


では、国内組だけの数字はどうなっているのでしょうか。統計学や偏差値という数的データによっての予想という本来のコンセプトからは少し外れるかもしれませんが、国内グループのメンバーでランキングを見てみると以下のようになります。


いかがでしょうか。こうすると、ファンの視点から見ても、ある程度は納得できるランキングになったと思います。
いま48グループで最も注目されているニューヒロイン小栗有以さんは、第10位にランクインしました。一昨年度までは圏外、昨年度51位に初ランクインしたメンバーが一気に選抜入りともなれば、まさに大躍進となりますが、今の小栗さんの勢いであれば神7すらも狙えるのではないでしょうか。
STU48の注目株である瀧野由美子さんは9位にランクイン。アピールコメント動画とSHOWROOMフォロワー以外のデータがないために、なかなか実力を見極められませんが、少なくとも握手人気が高いことはファンからの確かな支持があることを意味しており、高い順位でのランクインが期待されます。
今年の選抜総選挙の女王候補の一角である松井珠理奈さんは、データからの予測では第5位に甘んじています。ですが、お祭りごとには出費を惜しまない名古屋の人々にとっては、ホーム開催の今年こそ松井珠理奈さんにテッペンを獲らせる絶好の機会。ましてや最大のライバルである宮脇さんがナゴヤドームで女王としてスピーチをするのを許せるはずがありません。松井さんのファンは総力を挙げて選抜総選挙に全力投球してくるはずであり、その熱量はデータでの予測など簡単に覆してしまうでしょう。
3位には、インスタ女王の吉田朱里さんがランクイン。吉田さんは「女子力革命」による神7入りを狙っており、今回の偏差値比較でもインスタグラムによる支持の厚さが証明されました。この「女子人気」がどこまで実際の投票にまでつながるかが、実際の選抜総選挙ではポイントになるでしょう。


第2位は、48グループ総監督の横山由依さん。横山さんの強みは、ダントツのTwitterフォロワー数からわかるとおり、圧倒的な一般知名度の高さです。事実、初の「神7入り」を達成した昨年度の時点でも、例えばファンからの握手人気が目立って高いわけではありませんでした。今年は「総監督」としてのメディア露出に加えて、ドラマ主演などの個人としての活動も活性化しており、昨年以上に一般支持層を拡大したといえます。しかし、横山さんが目標としている3位以内ランクインを確実に実現するためには、一般支持層だけではなく横山さんを推すファン(ゆいふぁん)たちの頑張りが欠かせません。

お問い合わせ

当Blogは株式会社ネイビープロジェクトが運用しております。

【登録モデル募集】
撮影のご相談ができる方を常に募集しております。
フリーの方や読モの方も大歓迎です。
案件ごとにその都度ご案内になりますが、
ご興味のある方は下記のリンクからお問い合わせください。
https://goo.gl/gNnCxx

【弊社Twitterアカウントをご登録ください】
https://twitter.com/navy_project

【弊社ホームページ】
http://www.navy-p.com/

キャスティング、当ブログに関する問い合わせは、下記のボタンからお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA