世界選抜総選挙目前! 48グループのSNS発信力を、「偏差値」を使って比べてみた【後編】

  • LINEで送る

こんにちは。ネイビープロジェクトのライター小石原です。


6月16日のAKB48世界選抜総選挙まで、あと3週間を切りました。投票開始は5月29日。30日に順位速報が発表された後、6月15日の投票締め切りまで、熱い選挙戦が繰り広げられることになります。
さて本コラムでは、SNS発信力や握手会人気、選抜実績などの客観的なデータをベースに世界選抜総選挙の順位を予想する試みを行っています。前編では、ツイッターやインスタグラムのフォロワー数等から偏差値を算出してメンバーのSNS発信力を観察しました。今回はSNS発信力に加えて、握手会人気やメンバーのアピールコメント動画などのデータの検証を行い、最後に順位予想を行ってみたいと思います。

実人気がわかる「握手会」。いま一番会いたいと思われているメンバーとは??


AKB48関連で有名なイベントに「握手会」があります。日時・会場・メンバーを予約して参加する「個別握手会」と予約しないで飛び込みで参加できる「全国握手会」の2種類に分けられます。今回は、各メンバーの握手申込状況のデータが得られる「個別握手会」を分析対象として、握手人気のランキングを作成してみました。まずはご覧ください。


ランキングの作り方をご説明します。まずAKB48は、はシングル発売ごとにグループメンバー全員参加の「個別握手会」が5、6日の日程で開催されます。各日程は7、8部の時間枠に区切られ、メンバーには過去の握手人気実績などに応じてこの「枠」が割り当てられます。これがメンバーの握手会における「販売枠」の設定であり、多いメンバーで1日あたり最大6枠程度、1シングルの個別握手会では最大40枠程度が販売されることになります。
下表はAKB48の52ndシングル「Teacher Teacher」の握手会枠設定です。


1枠あたりの販売数(握手できる人数)には上限が設定されており、握手申込数が上限に達すると「完売」となります。(上限人数の設定には諸説ありますが、「500人」というのが有力なようです。)
今回は、AKB48の52ndシングル「Teacher Teacher」の「個別握手会」について、5月24日時点での全メンバーの「販売枠」および「完売枠」の数を調査し、そのデータをもとに偏差値を算出しました。なお、販売枠数が多いほど完売枠を出すのが難しくなることを考慮して調節を加えています。以上を踏まえてランキングを見てください。


小栗有以さん・倉野尾成美さん・向井地美音さん・須田亜香里さん・岡田奈々さんの5人は、最大の41枠を設定され、かつその41枠すべてを完売している、という理由で1位となりました。今回の選抜総選挙で1位を争う大本命とされている松井珠理奈さんと宮脇咲良さんは、それぞれ39枠全完売で同率9位ですが、販売枠数が少ないのはスケジュールの都合などによるものと考えられるため、実質は同率1位の5人と同程度の握手人気があると考えるべきでしょう。昨年度の選抜総選挙のシンデレラガールであるNGT48の荻野由佳さんも41枠中38枠を完売しており、5位を獲得した昨年度から人気が持続していることが伺えます。また、同じNGT48の西潟茉莉奈さんも同じく同率6位にランクインしており、NGT48の新たな注目株として要チェックです。


昨年度の選抜(上位16位)のメンバーも数人差し置いて15位にランクインしたのは、STU48の瀧野由美子さんです。前の記事でご紹介したとおりSTU48メンバーはSNS発信がほとんどない中、握手会やコンサートなどの「現場」で着実にファンの支持を獲得してきたことが分かります。


そして最も注目すべきは、32位にランクインした矢作萌夏さんです。矢作さんは今年1月の「第3回AKB48グループ ドラフト会議」にて加入、5月4日に劇場公演デビューを迎えたばかりの研究生メンバー。一般の知名度ほぼゼロにもかかわらず、実は48グループファンの間では、一昨年に行われたAKB48の16期生オーディションに矢作さんが参加した際、そのポテンシャルの高さが注目されていました。残念ながら16期生オーディションは諸事情により不合格となりましたが、無事に今年の第3回ドラフト会議でAKB48に加入。AKB48のファンにとっては待望の超大型新人として期待を集めており、それが「初参加の研究生メンバーなのに26枠を全完売」という驚異的な握手人気につながっているのです。


他にも上位32名をランキングとして示していますが、下記の点も頭に入れて、あくまで参考程度に見ていただければと思います。


①.メンバーの販売枠数は基本的には握手人気実績に基づいて設定されるが、スケジュールや学業なども考慮されて設定されている場合がある。
②.1枠あたりの人数制限が500人であったとして、申し込みが500人でも1000人でも「完売」という結果しかわからないために、同じ「完売」であっても握手人気の差が存在しうる。
③.②とは逆に、完売していない枠でも、申込がゼロ人から499人まで幅があるので、ここでも握手人気の差が存在しうる。
④.48グループメンバー全員が参加しているとはいえ、あくまで「AKB48」のシングルの個別握手会のデータであるために、AKB48メンバーにはポジティブなバイアスがかかっている可能性がある。特に、今回はHKT48の福岡、NGT48の新潟、STU48の瀬戸内エリアが会場となっていないために、これらのグループには不利となっている可能性がある。

お問い合わせ

当Blogは株式会社ネイビープロジェクトが運用しております。

【登録モデル募集】
撮影のご相談ができる方を常に募集しております。
フリーの方や読モの方も大歓迎です。
案件ごとにその都度ご案内になりますが、
ご興味のある方は下記のリンクからお問い合わせください。
https://goo.gl/gNnCxx

【弊社Twitterアカウントをご登録ください】
https://twitter.com/navy_project

【弊社ホームページ】
http://www.navy-p.com/

キャスティング、当ブログに関する問い合わせは、下記のボタンからお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA