世界選抜総選挙1か月前! 48グループのSNS発信力を、「偏差値」を使って比べてみた【前編】

  • LINEで送る

インスタ女王はさすがのアカリン。では、フォロワー数2位は??


次に「インスタグラム」について見てみましょう。STU48のメンバー(AKB48兼任の岡田奈々さん除く)や各グループの若手メンバー等がまだアカウントを持っておらず、立候補者339名のうち207名とツイッターとほぼ同数が利用しています。その207名のフォロワー数ランキングはこちら。


1位は、「女子力動画」などの配信を行うチャンネル登録者数が約55万人、48グループナンバーワンの”YouTuber”としても知名度が高いNMB48の吉田朱里さんでした。ここまでは想像どおりと言えるかもしれません。
注目すべきは2位以下です。上位16名のうち半数の8名がタイの姉妹グループBNK48のメンバーなのです。中でも、15位にランクインしているIZURINA。この名前に48グループファンはすぐにピンとくるのですが…IZURINAの本名は伊豆田莉奈さん。そう、彼女はれっきとした日本人であり、昨年の7月まではAKB48のメンバーでした。
伊豆田さんのランクインがなぜ驚くべきことなのか?
それは伊豆田さんがAKB48に在籍していた当時、「冠番組でカッパの着ぐるみを着せられる」「大先輩の小嶋陽菜さんに大胆にイジられる」など、バラエティメンバーとしての活躍は大きかった一方で、お世辞にもアイドルとしての人気が高いメンバーとは言い難かったからです。
AKB48でのシングル選抜経験もなく、音楽番組などでのパフォーマンスも少なく、一般知名度が高くはなかった伊豆田さん。ですが、AKB48の劇場公演を高い適応力と努力で支えてきた心強いメンバーとしてファンの間では知られています。そんな伊豆田さんが宮脇咲良さんや松井珠理奈さん、横山由依さんといったトップ人気のメンバーに負けず劣らずランクインしていること。伊豆田さんをよく知る48グループファンだからこそ、驚くと同時に感動を覚えてしまうわけです。


さて、インスタグラムでも先ほどのツイッターと同様に、登録月から計算した月毎のフォロワー増加割合数のランキングも見てみましょう。


見事に1位を飾ったのは、BNK48のキャプテンCHERPRANG(チャープラン)さんでした。昨年2月のアカウント開設以来、なんと1か月あたり2万人以上のペースでフォロワーが増えてきている計算になります。
タイ国内のインスタグラムユーザー数は約1,400万人であり、日本でのユーザー数約2,000万人よりも少ないにも関わらず、BNK48メンバーのインスタグラムのフォロワー数は国内グループメンバーよりも目立って多い。これはBNK48がタイでは圧倒的な知名度があることの表れでしょう。特に、昨年12月に発売されたセカンドシングル「恋するフォーチュンクッキー」はYouTube動画の再生数が9,000万回を突破(2018年5月1日時点)するなど、タイでは社会現象となっています。このBNK48の熱量が今回の世界選抜総選挙にどのような影響を及ぼすかは、今回の注目ポイントの一つですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA