読モ必読の4ケ条!仕事が途絶えないモデルはこうやって動く!

  • LINEで送る

読モになるのは意外に簡単。女優やモデルとしてマスメディアで活躍するのは別の話ですが、たとえば美容院でのサロンモデルや、たとえばネットで商品のPRをするなんて仕事は割りのいいアルバイト程度で多く存在しています。

特に10代の女子は、自身のSNSにDM(ダイレクトメール)が大量にたまっているという人も少なくはないと思います。でも、一回やったから次もできるというわけではありません。同じ人ばかり起用できないという理由もありますが、現場での立ち振る舞いやそのあとの対応を依頼する方も見ています。もしかしたら気づかぬうちに粗相をしてしまっているかもしれません。

では、どうすれば次にも声をかけてもらえる読モになれるのでしょうか。今回は読者モデルとして活躍している人がやっている仕事を途絶えさせないコツを簡単にまとめてみたいと思います。

①SNSをこまめに更新

冒頭に紹介した通り、マスメディアで活躍することは難しいです。大きな事務所に所属して、レッスン料を払いながら、チャンスを実らせた人が活躍する舞台といえます。なぜ、マスメディアに出ることが難しいのか。たくさん理由はあると思いますが、ひとつ言えることはマスメディアはSNSなどとは比べものにならないくらい影響力・宣伝力があるからです。

TVの話でよく出るのが「視聴率」。10%を超えるとヒットと呼ばれる時代になりましたが、そもそも視聴率1%は日本国民1億2千万人の1%、つまりは120万人が見た可能性があることを示しています。1%の差が次に命取りです。それに比例して、関わっている人の数や番組制作にかかる費用も桁違い。だからこそ、下手な人を出すわけにはいかないのです。

それに加えてSNSは手軽です。無料でアカウントを取得し、プライベートの写真を投稿していれば、フォロワーを獲得できたりします。InstagramやTwitterは、相場的に数千フォロワーがいればPRの仕事もできます。レッスン料なんて発生する心配もありません。

実際に弊社でお世話になっている読モの人はどうかというと、フォロワーが数万単位でいる人は目につくので話をふりやすかったりします。これから始めようと思う方はぜひフォロワーを伸ばす努力を惜しまないでください。

あとは、こまめに更新することが大切です。むしろこまめに更新しないとフォロワーは伸びません。遊びに行った場所や、そこで食べたご飯、そこで楽しむ自分の顔、なんでもいいのでこまめに投稿しましょう。そうすることによって弊社のような仕事を依頼する側の人にもアピールになります。こういう趣味があって、こういう企画でも仕事ができますよ、と伝える方法のひとつです。

②レスポンスの早さ

そして、フォロワーが伸びてきたら、弊社のような仕事を斡旋している会社から依頼がくるようになります。DMだと埋もれてしまう可能性も高いですし、文字数が限られているSNSもあるため、依頼の内容に齟齬が生まれてしまうこともあります。Gメールなどのフリーアドレスを取得して、そこ宛に連絡をもらうようにするとよいでしょう。

依頼が確認できたら、すぐに返事をしてください。これは本当に大事です。なぜかというと読モクラスの仕事は、正直に言って代わりが効く仕事がほとんどです。あなたにきた仕事があなたにしかできないということはありえません。だから、椅子取りゲームと同じで早くその枠に入らないとすぐにチャンスは無くなってしまいます。

あとは、仕事というのは時間に余裕があるものばかりではありません。急な発注で、制作側も困っていることもよくあります。早く対応することで、確認に必要な時間も確保できるので、そもそもスケジュールが空いているのなら「もっと詳細を伺いたい」ぐらいで前向きな姿勢をしめし、逆にスケジュールが埋まっているのなら早く断ってあげるのも制作側には非常に喜ばれます。

また現場を終えたあとにお礼の連絡をすることも喜ばれます。LINEやメールでやりとりをしている人が多いかと思いますが、簡単にでかまいませんので、当日中に一報入れておくとよいでしょう。中には直筆の手紙をわざわざ送ってきてくださる方もいます。些細な工夫ひとつではありますが、他の人がやらないコミュニケーションをすることで印象に残り、次の仕事につながるということは多くあります。

③交渉のうまさ

スケジュールが空いていて、なんとなくやってみようと思った時に、しっかり詳細を確認しましょう。日時・場所・稼働内容、そしてギャランティです。

最初のうちは安いギャラでうけて実績をつくることも大切ですが、赤字にはしたくないというのが本音でしょう。この時にうまくギャラの交渉をできると次も受けやすいです。むしろ、簡単に断られるよりは、制作側も人を探すのは大変なので、条件を提示してもらってお互い妥協しあっていく方がありがたいという場合もあり、仕事が途絶えないコツになるかもしれません。

特に、一回仕事をしたことがある会社に対しては、ギャラの交渉をしてもいいと思います。2回目もオファーをしてくるというのは、仕事を評価してもらっている証拠であり、信頼してもらっているからです。青天井というわけではないので金額は考えなければなりませんが、常識の範囲内で相談してみるのも手でしょう。

④上がってきた写真の品質

最後に、「途絶えさせない」というテーマで一番大切なこと、それは「成果がよい」に尽きると思います。いい写真がとれた、投稿がバズった、雑誌がバカ売れした、など結果に結びつかなければ次も依頼しようとはなかなか思ってもらえません。

読モのみなさんとコミュニケーションをしていて、①〜③までをうまくこなす方は意外に多いのかなと感じています。しかし、④に繋げられる人はなかなかいないというのが本音です。

お金をかけてレッスンに通えとはいいませんが、ポージングの勉強をしたり、体を鍛えたり、一芸になる資格をとったり、日々自分という商材を磨いていってほしいです。そして、それをブログなりSNSなどで発信していけば我々のような会社の目にとまるかもしれません。

目指せ!NEXTきゃりーぱみゅぱみゅ!!

4つほどポイントをまとめてみましたがいかがでしょうか。まとめてみて感じたことは、この仕事に限らず、世間一般で求められる常識的なことが多いのかなと思います。特殊な業界の仕事と思われがちですが、そんなことはなく、むしろ常識が他の業界よりも求められ、また活かされる業界なのかもしれません。

きゃりーぱみゅぱみゅさんや三戸なつめさんのように読モから人気に火がついた芸能人の方も多くいます。あなたもこの4ケ条を意識して、読モとしてぜひ活躍してください!!

お問い合わせ

当Blogは株式会社ネイビープロジェクトが運用しております。

【登録モデル募集】
撮影のご相談ができる方を常に募集しております。
フリーの方や読モの方も大歓迎です。
案件ごとにその都度ご案内になりますが、
ご興味のある方は下記のリンクからお問い合わせください。
https://goo.gl/gNnCxx

【弊社Twitterアカウントをご登録ください】
https://twitter.com/navy_project

【弊社ホームページ】
http://www.navy-p.com/

キャスティング、当ブログに関する問い合わせは、下記のボタンからお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA