フォロワーではなく、インフルエンサーのキャスティングではファンが鍵。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「◯◯社から新しい洗剤をいただいたので使ってみました!!」。こんな投稿をSNSで見たことありませんか? InstagramやTwitterを使ったSNSマーケティングも盛んになり、フォロワーが多い人のチャネルをプロモーションに利用する企業も増えました。

商品を渡して自撮り写真を個人のアカウントに投稿してもらったり、展示会に呼んで企業ロゴと一緒に写真を撮って投稿してもらったり。俳優やモデルと比較して安く起用できる「インフルエンサー」を起用したマーケティングですが、やるだけで効果が感じられなかった、もしくは効果が出るか心配で情報を探しているみなさんが読んでくださっているのかもしれません。そんなみなさんのためにインフルエンサーマーケティングが上手くいくキャスティングについてまとめたいと思います。

——————[index]———————
「インフルエンサー」とはSNSでのプロモーション効果が期待できる人
インフルエンサーの予算はフォロワーで見積もれる
インプレッションやPVでギャランティを決める「成功報酬型」は危険
拡散力を気にしないで安くキャスティングするなら「エキストラ」
●フォロワーではなく、
ファンがいるインフルエンサーを起用しよう
●ファンの多いインフルエンサーを提案し、交渉できるキャスティング会社に相談しよう
●まとめ
—————————————————

※この記事は10分程度で読みきれます。

「インフルエンサー」とはSNSでのプロモーション効果が期待できる人

インフルエンサーとは、SNSのフォロワーが数万人以上いて、SNS投稿によるプロモーション効果が期待できるキャストを指します。俳優やタレントでもSNSをやっていてフォロワーが多い人はインフルエンサーのカテゴリーに属します。ユーチューバーやブロガーはもちろん、堀江貴文さんやzozo前澤社長も広義ではインフルエンサーです。

インフルエンサーの役割は、個人のSNSアカウントを使って商品やサービスについての情報拡散・宣伝をすることです。インフルエンサーからフォロワーに情報が拡散され、認知アップや商品売り上げアップの効果が期待されます。

なかには使ってもいない商品をあたかも使っているような言い回しで紹介する「ステルスマーケティング」(ステマ)をしている人もいます。多くの芸能人が詐欺まがいだと批判された「ペニーオークション詐欺事件」をご存知の人がいるかもしれません。ペニーオークション詐欺事件からステマへの取り締まりが厳しくなり、「#PR」を明記するなどインフルエンサー・マーケティングも専門的な知識が求められる手法に成熟してきました。

インフルエンサーの予算はフォロワーで見積れる

インフルエンサーをキャスティングするのにいくらぐらいの予算が必要なのか。みなさんが知りたいストレートな疑問ですが、「内容とキャストによって変わるため、一概には答えられない」としかお答えできないことは予め断らせていただきたいです。詳しくまとめてある記事もあるので、ぜひご覧ください。→→芸能事務所やキャスティング会社がギャランティを教えてくれない理由

ただ、俳優やモデルといった芸能人と異なり、インフルエンサーのギャランティは「フォロワー」で決まるケースがあります。キャスティングを検討されているみなさんの中でも、インフルエンサーに詳しくて絶対にこのインフルエンサーにお願いしたいとこだわりを持っている人は意外に少ないのではないでしょうか。

むしろ、チェックしているのは“数字”。フォロワーや読者は何人なのか、投稿へのインプレッションはどれくらいなのか、ファボやリツイートはどれくらい獲得できるのか。webマーケティングの特性は、効果を数字として可視化できることです。だからこそ、広告代理店やPR会社のみなさんもキャスティングするか・否か/キャスティングの効果があった・なかったを数字をみて評価しています。

インプレッションやPVでギャランティを決める「成功報酬型」は危険

インプレッションやファボの数はやってみないと分からないので、結果の保証は難しいです。「インプレッション・PV×〇円」のような成功報酬によってフィーが変動する契約を勧めてくる業者もあります。ですが、数字が伸びすぎて予算が追いつかず、もめてしまった話も珍しいものではありません。

そのため、一般的な計算式として「フォロワー×〇円」の式を用いている企業が多いです。計算もしやすく、稼働前に契約金額を確定できます。拘束時間が長かったり、投稿の数が多かったり、他の要因でプラスαの費用がかかるケースもありますので、事前の確認をしましょう。

拡散力を気にしないで安くキャスティングするなら「エキストラ」

「〇円」の相場も会社ごとでさまざまですが、1~3円を相場としてどこのキャスティング会社も取引をしています。もちろん、フォロワーが多い人の方が、影響力と人気が高いという考え方で成り立っているビジネスです。比例して、フォロワーが多い人の方が単価も上がります。

数千フォロワー以下の人をたくさん起用する依頼に対しては、最低限の稼働費(ミニマムギャランティ)を1人あたり15,000円~20,000円で設定してキャスティングをしている会社もあります。費用を気にされるようであれば、エキストラの派遣会社を当たってみるのも有効でしょう。

ファンがいるインフルエンサーを起用しよう

152edb31c67065165cf71daf9257fdc6_s

さきほど書いた「フォロワーが多いと影響力と人気が高い」は事務所が使う売り文句のひとつです。もっともらしいことのように感じられますが、本来は逆の考え方をしなければなりません。「フォロワーが多い→影響力や人気が高い」ではなく、「影響力や人気が高い→フォロワーが多い」。この考え方でインフルエンサーをキャスティングしないとプロモーションは上手くいきません。

悪しき習慣ですが、SNSマーケティングでは数字の水増しが簡単に出来てしまいます。フォロワーでさえ簡単に買えてしまい、さも影響力があるかのように振舞っている偽物がいるのも事実です。みなさんは貴重な予算を偽物に支払いたくはないことでしょう。失敗をしないためには、ファンがついている人を起用することが1番です。制作協力をさせていただいた例をいくつかご紹介したいと思います。

●まこみな

●あの(ゆるめるモ)

●tricot

埋め込んだ投稿のファボの数を見てください。プロモーション効果があったことはお分かりいただけるのではないでしょうか。“まこみな”はmixchannelでの動画再生数No1をほこり、tricotや“あの”は音楽活動をされている方々です。これらのキャストはどういう人なのでしょうか。

答えは「固定のファンがしっかりついている方々」です。

ファンの多いインフルエンサーを提案し、交渉できるキャスティング会社に相談しよう

「ファン」と「フォロワー」は違います。「フォロワー」は無料でフォローしてファボをくれるだけの人です。その人以外にも多くの人をフォローして多くの人にファボをつけます。対して「ファン」は、お金をかけてでもキャストを応援し、キャストのために遠くまで足を運んでくれます。だから、ファンがたくさんいるキャストにインフルエンサーの仕事をしてもらうと、数字が伸びるのです。

しかし、ファンの多いキャストは仕事の内容も身長に精査するため、条件交渉も一筋縄ではいきません。キャスティングに加えて、インフルエンサーマーケティングの条件整理までしっかりできるキャスティング会社が間に入った方がスムーズに交渉が進みます。

またファンがいるかは、フォロワーの多さだけを追いかけていてはわかりません。テレビや雑誌をチェックしたり、イベントに足を運んだりと日頃からアンテナを張りめぐらせておく必要があります。日頃からの情報収集を自分でやるのは大変だと感じられるみなさんは、ぜひキャスティング会社に頼ってみてください。

まとめ

●「インフルエンサー」とはSNSでのプロモーション効果が期待できる人
●インフルエンサーの予算はフォロワーで見積れる
●インプレッションやPVでギャランティを決める「成功報酬型」は危険
●拡散力を気にしないで安くキャスティングするなら「エキストラ」
●ファンがいるインフルエンサーを起用しよう
●ファンの多いインフルエンサーを提案し、交渉できるキャスティング会社に相談しよう

インフルエンサーを使って効果的なプロモーションをしたいとお考えであれば、アンテナを張って新しい情報を吸収しているキャスティング会社かどうかを精査しましょう。「フォロワーが多いと影響力と人気が高い」と営業担当が言ってきた場合は要注意です。ファンがついている根拠を示してくれながらインフルエンサーを提案してくれるキャスティング会社に相談して、ぜひプロモーションを成功させてください。

お問い合わせ

当Blogは株式会社ネイビープロジェクトが運用しております。

【登録モデル募集】
撮影のご相談ができる方を常に募集しております。
フリーの方や読モの方も大歓迎です。
案件ごとにその都度ご案内になりますが、
ご興味のある方は下記のリンクからお問い合わせください。
https://goo.gl/gNnCxx

【弊社Twitterアカウントをご登録ください】
https://twitter.com/navy_project

【弊社ホームページ】
http://www.navy-p.com/

キャスティング、当ブログに関する問い合わせは、下記のボタンからお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA